バブルクラッシャー ASTシリーズ

当社独自のグリース攪拌循環システムです!

特許取得済【PAT.No.4951546】
混入気泡による未塗布でお困りでは?
グリースに混入している気泡は、ディスペンサ(定量弁)からの未塗布を引き起こします。
油分分離による作動の不良でお困りでは?
グリースの油分離は、含有固形粒子の濃度が不均一となります。グリースポンプやディスペンサ(定量弁)の作動不良を及ぼします。
残グリースの処理にお困りでは?
残ったグリースを集めて使用すると、エアー混入の原因となります。また、缶内に残ったグリースを廃棄するには、産業廃棄物処理としてのコストが発生
塗布ライン中に、バブルクラッシャー(循環システム)を導入することで、改善することができます。
バブルクラッシャー(循環システム)を導入することで廃棄グリースのリサイクルが可能になります。(処理コストを削減)

バブルクラッシャーユニット

バブルクラッシャーユニット
バブルクラッシャーユニット外形図
(1)
圧力計
(2)
エアーレギュレータ
(3)
グリース出口
(4)
グリース戻り口
(5)
バブルクラッシャー
(6)
空圧式ポンプ
(7)
エアー電磁弁
(8)
エアー入口(φ6チューブ)
(9)
リフター220st.
(10)
ローレベルスイッチ
(11)
フォロワープレート
(12)
グリース缶(不含)

バブルクラッシャー

バブルクラッシャー AST-02形

バブルクラッシャー AST-02形

バブルクラッシャー AST-04形

バブルクラッシャー AST-04形

攪拌循環システム構成図

バブルクラッシャーASTシリーズ 攪拌循環システム構成図

攪拌循環効果

撹拌循環前後の気泡の比較

意図的に気泡約40cm3混入させた撹拌循環前後の気泡の比較(撹拌循環時間:30分間)

撹拌循環前
バブルクラッシャーASTシリーズ 撹拌循環前後の気泡の比較 撹拌循環前
撹拌循環後
バブルクラッシャーASTシリーズ 撹拌循環前後の気泡の比較 撹拌循環後
気泡が細かくなりました

油分離状況の比較

撹拌循環前後の油分離状況の比較

撹拌循環前
バブルクラッシャーASTシリーズ 油分離状況の比較 撹拌循環前
分離した油分が浮き上がっている
撹拌循環後
バブルクラッシャーASTシリーズ 油分離状況の比較 撹拌循環後
油分が均一に混ざりました

Contact

  • 株式会社IHI回転機械エンジニアリング

  • 機器BU 給油装置部 
  • 〒135-0062
  • 東京都江東区東雲1-7-12 KDX豊洲グランスクエア
  • TEL:03-6703-0440 FAX:03-6703-0443

電話でのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ